B型肝炎とは

検査B型肝炎とはそもそも何なのでしょうか。これはB型肝炎ウイルスに感染して起きる肝臓の病気のことです。B型肝炎ウイルスというのは血液や体液を介して感染してしまいます。一過性感染と持続感染があり、持続感染になってしまうと一生涯ずっと感染が継続してしまいます。感染経路としては垂直感染と水平感染があります。したがって、母子感染も起きてしまうのです。

B型肝炎には急性肝炎と慢性肝炎の二種類の症状が存在しています。急性肝炎では1ヶ月から半年程度の潜伏期間があり、そのあとに全身倦怠感や悪心、食欲不振、褐色尿、嘔吐といった症状が出てしまうでしょう。このような症状が出たならば、すぐに病院で検査を受けるべきです。>慢性肝炎</spanというのは出産時や要乳児期において感染してしまい、それが持続感染になってしまうのです。そのあと十数年間は特に症状が出ないのですが、感染したものは体内で共存しており、それが10代から30代あたりで強い肝炎を起こしてしまいます。

治療としては、急性肝炎の場合は一般的な治療方法はありません。自然にウイルスが排除されるのを待つことになります。一方、慢性肝炎の場合は完全に排除することができません。そのため、ずっと薬を飲み続けることになるでしょう。